ゴロゴロする原因

カラコンってどうしてゴロゴロすることがあるの?

カラコンに限らず、ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズでも、使っていると、かならず誰もが1度は感じるであろう、代表的な違和感があります。

 

それが「目がゴロゴロする」ということ。

 

でも、なぜゴロゴロするのでしょうか?

 

一番の理由は涙が足りない!

 

いちばん多い原因は、ドライアイになってしまっていること。

 

目が潤っていないので、貼り付いているような「ぺしっ」とした違和感があります。

 

これをなくすためには、いったんはずしてしばらく目をやすめ、涙を養ってあげること、また保湿効果のあるカラーコンタクト用の目薬をつかうのもよいでしょう。

 

丸さ(ベースカーブ)が違う!

 

カラコンはメーカーによって計算された、よりいろんな人の目のカーブにあわせた形となっていますが、100%誰でもフィットするわけではなく、自分にはあわないメーカーも中にはあります。

 

自分の目とレンズのカーブが違うと、それが違和感になってゴロゴロすることも。

 

これをがまんして放置しておくと、合わないカーブで目に傷がつく可能性もありますので、このゴロゴロを感じたら、そのカラコンの使用をやめたほうがいいでしょう。

 

薄さや素材を変えるだけでも目のゴロゴロ感をなくすることができるので、購入する際はベースカーブの確認もお忘れなく。

 

ちなみにロデオカラコンのベースカーブは8.6mm、ピンキーデビルのウルトラビックのみ8.9mmとなっております。

 

また、必ずしもベースカーブやドライアイが原因ではなく、カラーコンタクトに目が慣れてない場合やが全く初めての人だと、「異物」の混入に目が怯えて、アレルギーみたいにゴロゴロすることもあるようです。

 

このときも涙の分泌は少ない状態になっていることが多いので、目薬を差すと効果があるでしょう。

 

 

Rodeo(ロデオ)カラコン TOPへ