カラコンの正しい洗浄方法と、洗浄液の選び方

カラコンの正しい洗浄方法と、洗浄液の選び方

ロデオカラコンを長く安全に使用するためにも、レンズのお手入れをもう一度見直したいですね。
ちなみにソフトコンタクトレンズは、レンズ自体に水分を含んでいて使用しやすいのですが、汚れや雑菌が繁殖しやすいという点で、毎日のお手入れが必要となってきます。

 

早速、カラコンの正いお手入れ方法についての3工程を見ていきます。

 

まずは清潔な手で、爪を立てないように、カラコンを外してください。そして、利き手ではない手のひらにカラコンを乗せます。

 

洗浄方法について

手のひらのカラコンに、洗浄液を数滴(3〜5滴程)たらし、レンズの同一方向を人差し指で軽くこすります。
両面をまんべんなく行ってくださいね。同一方向にこすることで、しっかりと汚れをとることができます。
ここで注意したいのが、くるくると回すことは、避けてください。この方法ではレンズの汚れがよく取れません。

 

すすぎは水道水を使わないことが鉄則!

コンタクトを乗せた手のひらをくぼませ、すすぎ液を挿入し、両面を軽くすすぎます。
ここで注意したいのが、絶対に水道水ですすがないことです。
変形などの原因にもなりますし、雑菌等が繁殖する恐れもありますので、必ず専用の液ですすぎましょう。

 

正しい保存方法

清潔なコンタクトケースの中に保存液を注ぎ、カラコンを入れてしっかりと蓋をしましょう。
保存液は、お手入れ毎に交換しましょうね。もちろんコンタクトケースを清潔に保つことを忘れないで下さい。
装着の際に、保存液を捨て、水道水で洗い自然乾燥させることがベストと言えそうです。

 

 

上記の工程で使用する洗浄液・すすぎ・保存液は、MPS(マルチパーパスソリューション)が、この1本で、洗浄、すすぎ、保存、消毒が可能として、日本コンタクトレンズ協会でも推奨されていますよ。

 

なんといってもお手入れが簡単でありますので、MPSの使用が便利ですね。

 

デメリットをあげるとすると、MPSは過酸化水素などを用いた従来の消毒液に比べますと、消毒能力が低くなります。
そしてこれをカバーするには、洗浄の際に、こすり洗いが必要不可欠となってきます。浸け置きでは、洗浄されませのでご注意を。

 

ここでMPSタイプとしてあげらるのが、オプティーフリー、メニコン、アイネス、コンプリートなどです。
お近くのドラックストアなどでお買い求め頂けますよ。

 

尚、開封していないレンズは保存液に浸してありますので、開封後の1度限りは、洗浄等をしなくてもそのまま使用出来ます。

 

 

Rodeo(ロデオ)カラコン TOPへ